お知らせ・告知

九州学生アメリカンフットボール共同宣言 2018年5月25日

『九州学生アメリカンフットボール共同宣言』

 連日、アメリカンフットボールの報道・映像を目にした人々に「アメリカンフットボールではあんな風にプレー中に相手選手を怪我させてもいいんだ」などと、アメリカンフットボールが過度に危険なスポーツであるとか、なんでもありの野蛮なスポーツだという印象を与えてしまっています。
 アメリカンフットボールは、体を鍛えた選手同士がすごいスピードでぶつかり合うことが魅力ではありますが、そのことで怪我をすることもあります。
 九州学生連盟では、そのリスクを可能な限り下げるために、2007年から全国に先駆けて、すべての指導者と選手に安全講習会の受講を義務付け、2011年度から公式戦全試合にゲームドクター配置を行なうなど、安全性向上に取り組んでおります。また、ルール自体も、意図的であろうとなかろうと、危険なプレーには退場処分を科すようにするなど、安全対策を行ってきているところです。

 アメリカンフットボールは、知力、体力、組織力を結集し、究極のスポーツと称されてきた素晴らしいスポーツです。だからこそ、ルールとフェアプレーの精神を守り、対戦相手を尊敬する気持ちを持つことが必要であると考えます。
 アメリカンフットボールは、学生スポーツに求められる「学生の成長」に適したスポーツです。心身ともに自らを鍛え、自分に与えられた役割を果たすために努力をする。自分の役割だけでなく、仲間やチームのために全身全霊でプレーする精神を持つ。対戦相手に尊敬する気持ちを持つことで、ライバルとの友情を育むことができる。このような互敬の心・経験を通じて、学生の人格が形成され、社会人として必要な能力を養うことができると確信しております。

 アメリカンフットボールを通じて良き社会の形成者を輩出することに関わる指導者、選手、スタッフが、アメリカンフットボールという素晴らしいスポーツを、安全で、健全で、誰からも愛される競技になるよう、真摯に取り組んでいくことを、志を同じくする九州学生アメリカンフットボール連盟の仲間と共に宣言いたします。

平成30年5月25日
九州学生アメリカンフットボール連盟
理事長 福田 晋
西南学院大学 監督 吉野 至
福岡教育大学 GM 藤森 雅孝
九州大学 監督 矢野 亮介
福岡大学 監督 堀口 好政
久留米大学 監督 松下 哲也
九州工業大学 監督 西部 尚矢
琉球大学 監督 服部 敦
佐賀大学 監督 野寄 洋
宮崎大学 監督 岡留 弘周
鹿児島大学 監督 熊澤 典良
長崎県立大学 顧問 山本 裕
九州産業大学 監督 福田 二郎
熊本大学 監督 宮薗 茂

『九州学生アメリカンフットボール共同宣言』(PDF)


Huddle.biz PRESENTS 第2回九州学生アメリカンフットボール選手権 2018年5月19日

tournament


全てのお知らせはこちら

選手向けクリニック(2018年3月11日)

選手向けクリニック(2018年3月11日)

学生連盟速報@kcafaflash

学生連盟Facebook

更新情報

2018.06.09:交流戦の試合結果を掲載しました
2018.05.25:「九州学生アメリカンフットボール共同宣言」を掲載しました
2018.05.20:九州学生選手権と交流戦の試合結果を掲載しました
2018.05.12:九州学生選手権の試合結果を掲載しました
2018.04.15:九州学生選手権の試合結果を掲載しました
2018.04.14:九州学生選手権の試合結果を掲載しました
2018.04.08:交流戦(福岡教育大学-山口東京理科大学)の試合結果を掲載しました
2018.03.17:第2回九州学生アメリカンフットボール選手権の日程を掲載しました
2018.03.17:九州学生アメリカンフットボール連盟のホームページを2018年度用に変更しました

全ての更新情報はこちら

連盟運営カレンダーはこちら

連盟関係者専用ページはこちら(アクセス制限有り)

試合結果報告フォームはこちら(アクセス制限有り)